誇りに思う父

確かめよう家族のきずな

 『家族』とは何でしょうか。今、家庭教育が弱体化し、家族の絆が弱くなっているとよく言われますが、今回紹介する作文のようにこんなに父を思っている子もいるのです。「子供は親の背中見て育つ」という言葉を思い出すようなその作文をご覧下さい。

My father I’m proud of 

 My father got married to a woman whose father had cultivated mikans. At first he helped his father-in-law with his work, working for a company. He grew mikans in the way a farmers' union told him. He sprayed preservatives on mikans before a harvest and weed-killers several times a year.

 Watching earthworms decreasing and the soil worsening year after year, Father thought if a farmer exhausted the soil, he couldn't get a good crop. And with their bare hands people peel mikans, which agricultural chemicals remain behind, and put pieces of sections in their mouths with them. He thought he would stop the way of making them as usual and change into a safe way.

 Therefore hi retired from the firm and began to make mikans without using dangerous agricultural chemicals for himself. His principal is to cultivate mikans safe for people. Neighbors and members of the farmers' cooperative ridiculed him.

 "Does he cut the grass with a mower without spraying weed-killers? Can he continue such hard labor?"

 "Don’t mikans decay without preservatives? Can he make mikans in such a way?"

 My father had confidence in his way of making mikans and that they would sell well without fail. But he didn't know how to sell mikans and in the first year he didn't find a buyer. Then he remembered the words of the union's leader: though your fields are in bad condition, a union sells your mikans as a union member. If you withdraw from membership, your mikans will only decay. He thought he would overcome his problems and looked for a broker who dealt in organic fruits. A broker was interested in Father's mikans and bought them. Since then customers have increased little by little. He succeeded in expanding the market by great effort. One day when Father came home from a customer, Mother looked at his shoes and cried. The sole of his shoes were worn out and she could see his socks though he had worn them only half a year.

 Father often says, "I make mikans for my sons and daughters. I don't want them to eat mikans that chemicals were sprayed on. Parents hope their children are in good health." My brothers, sister and I have seen my parents working, drenched with sweat, covered with weeds and shivering with cold. He has devoted himself to his labor. No one equals Father in enthusiasm for making mikans. I’m asked, "What kind of work does your father have?" I answer with pride "he makes mikans."


誇りに思う父
三木彩起子(向陽台高校二年生)
和歌山県有田郡吉備町賢
 私の父は母と結婚して母の父が携わっていたみかん作りに二十七年前初めて出会いました。
その頃は会社にも勤めていたので、会社勤めとみかん作りの両方をしていたそうです。ただ、そのときは何も知らないままみかん作りをしていました。
 父は年々減ってくるミミズや年々劣化してくる土壌などを見ながら、農家が土を劣化させて農業ができるはずがない、これではいけないと思い、このままこのようなみかん作りをしたくないと考えました。そこで、今から十二年前会社を辞め、共同選果組合からも脱会して、一人で安全をモットーにしたみかん作りを始めました。
 父は自分のやっていることに自信を持ち、安全で美味しいみかんを作れば必ず売れる確信を持っていました。しかし、今までみかんの販売は共同選果組合がしてくれていたので、父にはみかんの売り方がわかりませんでした。自分一人でスタートした年は全国的に大豊作の年でみかんの単価がとても安く、また夏には雨が多くあまり美味しいみかんが出来ませんでした。安全を掲げてもどこの市場でも相手にしてくれませんでした。その年は今までに最高の数量があったのに利益は最悪だったそうです。
 そんな中で父は負けるものかと奮い立ち、ここであきらめられないと思い、こだわりのある農産物を扱う仲買人を探しました。そしたらあるスーパーに納めている仲買人が父の考えとみかん作り方に興味を持ち始めました。そして、そのスーパーが別のスーパーを紹介してくれてと、年々取引先が増えてきました。
 順調に販売路を拡張していましたが、その陰には父の血のにじむような努力があったのです。十二年前のあるとき、父が取引先から帰宅すると、母が父の靴を見て涙を流したそうです。買って何年しか経たないのに靴の裏がすり減り靴下が見えていたそうです。
 父は「自分の子供に食べさせるつもりでみかんを作っている」とよく言います。自分の子供に農薬づけされた農産物を食べさせたい親なんてどこにもいません。健康で病気もしないで元気に育ってほしいと思っているはずです。
 私は幼い頃から汗まみれ、雑草まみれ、時には寒くて震えながら仕事をしている両親を見てきています。私だけでなく、兄弟みんなそんな両親の姿を見てきています。
 たかがみかん作りと思われるかもしれませんが、父のこだわりや情熱は誰も負けられません。私はそんな父を心から誇りに思っています。だから、「君のお父さんの職業は何?」と聞かれたら、私は胸を張って「みかん作りをしています」と答えます。

戻る